2007年12月23日

クリスマスです

クリスマスですねぇ。
クリスマスはケーキを食べられる日!!

あー、ケーキのなかった時代から
クリスマスってあったっけ。

そもそもの始まりは、古代の冬至のお祭りだったとか。
それが、キリスト教文化の広まりと共に
聖誕祭になったんだよね。

当時は圧政のことを闇に例えてたんだよね。

7-12-18 013.jpg

なーちゃん教授、今日はソファの背もたれの上で力説。

光と闇??
それってどういう意味?

7-12-18 016.jpg

あれーっ、そういう意味だったんですか顔(汗)

ニックネーム まゆ at 21:12| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なーちゃん決まってます、ソファーの上で
の力説する姿勢は輝いてますよ。

なーちゃんとアオちゃんだからお互いに
光と影があるのですね。

Posted by 愛猫ルールと愛犬メルモ at 2007年12月23日 21:19
今日は、なーちゃん教授の講義はキリストについてですか?
さすが学者肌のなーちゃん教授手(チョキ)
力説する姿もご立派ですわーい(嬉しい顔)
光と闇…
アオちゃんと言う闇の中で光るなーちゃんって事かな?(笑)
Posted by モコまま at 2007年12月23日 23:27
おはようです!!今日はクリスマスイブですねー。なーちゃん難しい事言ってるー。
ソファーの背もたれのとこで教訓を言うってとこがミソね。
最後のセリフ面白い!!アオちゃんがいるからって(笑)
クリスマスからそんな力説になっちゃうなんて面白い!!
Posted by ちか at 2007年12月24日 08:03
メリークリスマスイブ!

アオちゃんがいるからなーちゃんが可愛く見える、
最高ですね笑
なーちゃん、一人でも十分可愛いと思うよ?笑
もちろんアオちゃんもね!
Posted by akanekokko at 2007年12月24日 10:36
私も子供がカトリックの幼稚園に
行ってたのでそこでの生誕劇で
クリスマスの意味を深く知ったのですぅー(汗
 ナーちゃんもアオちゃんも光ぴかぴかですよー!
Posted by ちょび at 2007年12月24日 11:19
さすがはなーちゃん、もう教授になられたんですね(笑)。
いつもいつもためになる講義をありがとうございます^^
Posted by なるくるママ at 2007年12月24日 12:39
そういう意味だったのか(爆)
って〜2ニャンともかわいいじゃんか〜
Posted by フクウタ母 at 2007年12月24日 19:28
ルールメルモさん
確かに、同じネコなのに、光と影??ほど
性格違いますねー顔(笑)

モコままさん
アオちゃん、引き立て役にはまってます猫(怒)

ちかさん
多頭飼いしてると、個性の差ははっきり!
ちかさんところは、光と影プラス色彩?
プラズマかなー

akanekokkoさん
アオちゃんにも、もっと光を♪(笑)

ちょびさん
クリスマスの意味、カトリック系の人たちには日本人一般とは違う
たいせつな意味があるんでしょうね。

なるくるママさん
迷教授と一緒に迷わないでくださいねー(笑)

フクウタ母さん
なーちゃん教授、自己チュー路線走ってます車(セダン)


Posted by まゆ at 2007年12月24日 21:52
やっぱりお互いはなくてはならない存在ですね☆
アオちゃんも、なーちゃんも、と〜っても可愛いですよっ
鼻ペチャ(失礼!笑)好きなヒトにはたまりませ〜ん♪
Posted by Sheen at 2007年12月24日 22:09
どもども!
光と闇の意味ってのは、そう言う事だったんですね〜!
って事は…、「闇」と書いて「引き立たせ役」と読ませるのが正解かも(笑)
Posted by 猫バカ1番 at 2007年12月25日 00:23
おくれた!でおくれた!メリクリです!
なーちゃんは賢いんだね(^^)
うんちくを語る姿が素敵ですw
うちでいえばさくらさんの役割かしら.

起源は冬至のお祭りだったのか〜
そうおもえば無宗教でクリスマスを祝っても問題ないですね(笑)
Posted by nyapicacao at 2007年12月25日 07:17
猫バカ1番さん
引き立たせ役−そのものズバリですね!!
闇が光を引き立たせるのでーすひらめき

cacaoさん
ほー、さくらさんがうんちく役なんですねー♪
クリスマスはみんなのものです猫(笑)
Posted by まゆ at 2007年12月25日 11:05
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1241064

この記事へのトラックバック