2007年05月17日

心から

葬式に出席して
ちょっと疲れました。
親戚縁者が多数集まった、
立派なお葬式でしたが、
手順が違う、ああだ、こうだと
、陰でもめる参列者たち.....
家人は悲しみの渦中なのに.....
親戚とはいえ、
日ごろ付き合いの浅い人たちに
囲まれるお葬式
それほど立派なのだろうかと
考えさせられてしまいます。

『佐藤葬祭』には火葬プラン
(火葬のみ)という方法があります。
火葬だけを目的とし価格を抑えたプランですが、
派手な葬儀はしたくないという人も、
故郷に帰ってから
盛大なお葬式をしなければならないので
とりあえず火葬にしたいも
参考になりそうです。
祭壇を飾る通夜のある葬儀ではなく、
亡くなった時から、火葬までの流れを
静かに進める安心のプランです。    
田舎では、まだまだ、お葬式の規模が
故人の勢力や財力を物語るという考えに
支配されているようなところが
あるかもしれません。
でも、心から別れを惜しむことに、
「形」は関係ないように思います。
格式や流儀、常識にとらわれたとして、
故人を悼む心がそこになければ
淋しいですよね。


ニックネーム まゆ at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お得な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/845911

この記事へのトラックバック